中古建機導入時は、「建設教育訓練助成金制度」を受けましょう

中古建機

中古建機について

中古建機導入時は、「建設教育訓練助成金制度」を受けましょう

中古建機の「フォークリフト」、「車両系建設機械(整地・運搬・掘削)」、「小型移動式クレーン」などを導入予定の事業所は乗務員教育の為に、各都道府県労働局からの「建設教育訓練助成金制度」を活用しましょう。これを活用する事で、わずかな費用で資格を取得させる事が出来ます。受給対象は個人向けでは無く、「中小建設事業主」に限るものです。詳細な条件は、①資本金3億円以下、又は従業員数300人以下であること。②雇用保険率16.5/1000に加入していること。③受講者が被保険者であること。これらの条件を満たしていれば、助成金を受けることが出来ます。助成金を利用される為の条件としては、①受講料は会社負担であること。②受講期間中も受講者に賃金支払いがされていることとなっている。助成金額は、経費助成+賃金助成=受講料の助成で、経費助成は、受講料の70%。賃金助成は、上限7000円/1日となっている。この制度を利用すれば、中古建機の特別教育、技能講習が受けられる。
sabu用置換